広島の浮気調査・不倫調査【葵探偵事務所】浮気調査・不倫調査/家出・失踪調査/婚約・結婚相手の調査/身元・身辺調査/ストーカー対策など

お気軽にお問い合わせください

0120-490-906

ご予約・お問い合わせ
オンライン無料相談

離婚を望まれる方Divorce

離婚を望まれる方へ

浮気・不倫などの不貞行為は、婚姻関係を継続し難いものにしてしまう深刻な問題です。
辛いお気持ちであると思いますが、「離婚しない」「離婚する」いずれにしても、ご自身のこれからの生活を前向きなものにしていくために納得のいくご決断を願います。
離婚にあたっての話し合い・協議・裁判を有効に進めるためにも、確実な証拠を掴み、ご自身の人生を良い方向へ導いていきましょう。

新しいスタートに向けて当社が味方です

離婚するにあたって、いま一度

離婚するにあたって、いま一度

離婚するにあたり、いま一度よく状況・条件を整理して考える必要があります。

  • 離婚にあたっての、お互いの意思
  • お子様のこと(親権・養育費)
  • お金のこと(財産分与・慰謝料・住宅ローン)

いずれも今後を左右する重要なことばかりです。
いま一度、パートナーの意思、ご自身が何を望まれるのか、現実的に考えた上で、先に進んでいくことが有用です。

離婚するにあたって、いま一度

浮気調査するメリット

離婚の種類

選ばられる離婚の種類で多いのは主に以下の3つになります。
ご自身とパートナーが離婚について意志があるのか、どのように考えているかによって、離婚の種類、話の進め方、手続きの進め方が変わってきます。

協議離婚

事者間の話し合いによって離婚が合意できる場合の離婚方法です。
離婚を成立させるために話し合いを進めていきます。親権・お金・戸籍など、後悔のないようにしっかりと協議していきます。口約束ですまないよう、離婚条件を文章にし「公正証書」や、更に確実で有効な「執行認諾文言付公正証書」として残しておきましょう。
更にリスクを考慮するならば、パートナーが勝手に「離婚届」を提出してしまう場合を考え、受理されないようにできる「離婚届の不受理申出」という制度を利用する方法もあります。

調停離婚

事者間の話し合いによって離婚が合意に至らなかった場合や、話し合いに応じてくれないなどの理由で話し合いができない場合の離婚方法です。
制度上、すぐに裁判で訴えることが出来ないので、まずは家庭裁判所に「調停申立書」を提出し、調停離婚を目指します。
調停離婚は調停委員などの第三者が当事者間に入って仲介し、合意による解決を目指すものです。

裁判離婚

家庭裁判所での調停でも、事者間が合意できず解決に至らなかった場合の離婚方法です。
裁判を起こすことになりますので、調停と比べて複雑で進行が長期化する傾向にあります。
裁判離婚における協議離婚・調停離婚の2つとの大きな違いは、当事者間の合意がなくても裁判所の判決により強制的に離婚を成立させることが出来る点です。
なのでパートナーが離婚に同意しなくても、下記の5つの離婚原因のうち1つ以上があてはまる場合は離婚を成立させることができます。

  • 浮気、不倫などの不貞行為
  • 悪意の遺棄
    ※「生活費を渡さない」「正当な理由のない別居」「健康なのに働こうとしない」など
  • 3年以上の生死不明
  • 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないこと
  • その他婚姻を継続し難い重大な事由
浮気調査するメリット
浮気調査するメリット

話し合いを有利にするためにも浮気の証拠が重要です

いずれの離婚方法も、不貞行為を認めさせるため・ご自身を守るために、浮気の証拠を掴むこと=調査報告書が重要になります。

調査報告書について
浮気調査するメリット

まずは無料相談をご利用ください

まずは無料相談をご利用ください
お一人で悩まず、ご相談ください。 動かない証拠・当社が依頼主様の味方です。

浮気調査などを検討するにあたって、はじめての経験・辛い心境でどのような動きをすれば良いか定まらないかもしれません。依頼主様のお気持ちに寄り添い、分かりやすい説明を心がけ、有効な調査方法などをご提案させていただきます。
弁護士の紹介も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

無料相談はこちらから

浮気・不倫調査について

まずは無料相談をご利用ください

無料相談Free consult

無料相談:電話

フリーダイヤル
0120-490-906

通話料無料
平日:9時~17時


無料相談:メール

お問い合わせフォームから、ご相談内容をご入力の上、送信してください
担当者から折り返しメールにてご連絡させていただきます

お問い合わせフォーム

無料相談:オンライン

ご希望の方は、こちらのよりLINEの友だち追加をお願いいたします。

LINE・ZOOMでご相談

LINE・ZOOM
対応可能